活動・取り組み

Activities / initiatives

研究室から、愛を込めて!
地域のために、全⼒で取り組みます。

2018
© puk-loveratory
2017
© puk-loveratory

第3回「地域課題解決のための政策アイデアコンテスト」で県大生が熊本経済同友会賞と大学コンソーシアム熊本賞を受賞しました!

目的

大学生の地域課題の把握、政策立案能力の習得・向上を図り、優れたアイデアを発表・表彰する。

活動内容

県内の学生が、熊本県と熊本市いずれかの課題を選択。審査員である熊本県又は熊本市の職員、経済界の代表、大学教員に対しプレゼンテーションを行い、政策アイデアを競い合う。

令和5年11月18日(土)に熊本大学黒髪キャンパスにおいて、一般社団法人大学コンソーシアム熊本が主催する 第3回「地域課題解決のための政策アイデアコンテスト」が開催され、県内の大学、高等専門学校の学生が 政策アイデアを競い合いました。

コンテストには一次審査を通過した17組(熊本県の課題9組、熊本市の課題8組)の学生が最終プレゼンテーションに臨み、本学からは、熊本県の課題に2組、熊本市の課題に3組が参加しました。審査の結果、熊本市の課題に 参加したチーム名「Team Bears」(総合管理学部)熊本経済同友会賞を、チーム名「西森ゼミ高齢・医療PJ豆乳・ヨーグルト」(総合管理学部)が、大学コンソーシアム熊本賞を それぞれ受賞しました。

「Team Bears」は、『制服バンクを活用した新たな子育て支援 ~誰もが安心して教育を受けられる社会を目指して~』と題し、中学校の制服のリユースを企業との連携により広め、子育て世代の経済的負担を軽減する政策を提案。

また、「西森ゼミ高齢・医療PJ豆乳・ヨーグルト」は、『ふれあい・いきいきサロン「ネクストステップ」~幅広い選択肢でハッピーライフ~』と題し、高齢者と地域サロンを繋ぐマッチングアプリの開発・活用を提案。それぞれ審査員から高い評価を得ました。

*************************************

(熊本経済同友会賞)

「Team Bears」と井寺ゼミ

後列右端は井寺美穂准教授

(大学コンソーシアム熊本賞)

「西森ゼミ高齢・医療PJ豆乳・ヨーグルト」

左端は西森利樹准教授

惜しくも入賞を逃した県大生も、熱心に調査、研究、分析を行い、素晴らしい政策アイデアを提案しました。

地域課題解決のための政策アイデアをコンテストには、今年も熊本の未来を担う若者の頼もしい姿がありました。